ラクーポンWiMAX サービス提供エリア確認方法

wimax2-4ラクーポンWiMAX公式サイトからの、
サービス提供エリアの判定方法を紹介します。

WiMAXは、サービスが未提供の地域では利用できません。
ですので、まずエリアの確認が最初の大切な作業となります。

 

なお、現在はWiMAXのクーポンが販売修了となり、
WiMAX2+のクーポンが販売されています。

エリア判定の手順は同じですので、
参考にしていただければと思います。

 

ラクーポンの公式ホームページから、
あなたが購入を検討されているバナーをクリックで、

開いたページを下へスクロールすると、真ん中当たり、

 

shareeewimax-2013-10-14

 

<<サービスご利用上の注意>>という項目がありますね。
ここで※詳しくはこちらをクリックします。

 

racouponwimax-14

 

こんな日本地図がでてきますね。
WiMAX/WiMAX 2+とLTEの2通りに分類されていますので、
WiMAX/WiMAX 2+が選択されているのを確認して、

ピンポイントエリア判定をクリックしてください。

 

racouponwimax-15

 

WiMAXが選択されているのを確認して、
(WiMAX2+の場合は、WiMAX2+を選択してください。)
「住所を入力する」欄に、あなたがラクーポンWiMAXを使うと考えられる、

 

自宅はもちろん会社、学校、友人知人宅、恋人宅など、
住所を詳しく、番地や号まで入力して判定してみてください。

 

以下の判定結果であれば、
ラクーポンWiMAXのサービスが提供されています。

 

racouponwimax-16

 

以下の判定結果であれば、ラクーポンWiMAXは利用できません。
従って申し込んでも接続できませんので、契約できませんね。

 

racouponwimax-17

 

また、よくあるのが以下のような微妙な判定・・

 

racouponwimax-19

racouponwimax-18

 

これはちょっと判断が難しい判定結果です。
坂本の経験では、○~△はまず大丈夫ですが、場所によります。
電波ってホントに微妙だと感じた経験が多々ありますね。

 

△はまず接続できません。
またはつながりが悪く、インターネットが利用できないケースが多いですね。

 

もしあなたのお住まいで微妙な判定結果が出た場合、
あるいは、○とOKの判定だった場合でも、
Try WiMAXの活用をおすすめします。

 

Try WiMAXとは、UQコミュニケーションズのサービスで、
端末を無料でレンタルできて、WiMAX2+契約前に、
自宅などで接続テストが叶うサービスです。

 

Try WiMAXについてはこちらの記事にまとめていますので、
ぜひ参考にして、契約前にテストしてみてくださいね!

コメントを残す