ネコでもわかるワイマックス!ポケットワイファイ情報にゃ♪

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14(初代モバイルルーター)

WiMAX 2+のサービスがスタートした初代端末
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14のスペックや特長などまとめてみました。

選べる3つのモードが搭載されているんですね。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14

HWD14

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の基本スペックとして

下り最大110Mbps対応

連続通信時間:約9時間

連続待受け時間:約950時間

寸法:約62mm×100mm×15.5mm

重さ:約140g

HWD14スペック

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14のポイントとしては

トライブリッドモデル

タッチパネル搭載

約5秒でクイック起動

ワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応

最大10台まで同時接続可能

HWD14特長

トライブリッドモデル

トライブリッドモデルとはWiMAX2+はもちろん

従来のWiMAX、そしてオプションとして
au4GLTEも利用できるという意味合いですね。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14には、
以下の選べる3つのモードが搭載されていて

選べる3つのモード

ノーリミットモード(従来のWiMAX 下り最大40Mbps)

ハイスピードモード(WiMAX 2+ 下り最大110Mbps)

ハイスピードプラスエリアモード(wimax2+とau4GLTE)

トライブリッドモデルとなっていますね。

なおLTEオプションは利用月に限り
別途1,005円(税抜)のオプション料が必要になります。

また、月間7GBの通信量を超過すると
当月末まで速度が128kbpsに低速制限されます。

HWD14の特長をまとめてみると
デフォルトはハイスピードモードで下り最大110Mbps対応

従来のWiMAX1も利用できて
オプションでau4GLTEも利用できる端末となっていますね。

WiMAX 2+のスタートは2013年10月31日より
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の発売も同時となります。

なお、2020年秋の時点では後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT W06がメインで販売されていますよ。