ワイマックスルーター AtermWM3800R

(2014年11月 追記)

AtermWM3800Rは、各社在庫修了となりました。
それにともない、WiMAXのキャンペーンも修了しています。

現在は、WiMAX2+のキャンペーンが開催されています。

 

AtermWM3800Rの特長や、スペックなどまとめてみますね。
メーカーはNECアクセステクニカ株式会社です。

 

重量約80グラムの名刺サイズ
連続通信時間は約8時間
連続待機時間は最大250時間
連続待受時間は最大約20時間
連続待機(休止状態)からWi-Fi接続までが約6秒

 

何といってもAtermWM3800Rの最大の魅力は、
スマートフォンへの給電機能にあります。

 

スマートフォンの弱点として、
バッテリーの消費の早さがありますね。

 

私もよく経験しますが、例えば休憩中車を止めて、
スマホでYouTubeやGyaO!をみていると、
あっという間にバッテリーがピンチになりますよね。

 

仕事終わるまでiphoneの電源を切らすわけにはいかないし、
(お客様からの電話がつながらないとやばいですよね^^)
仕方なく30%くらいバッテリーを残して休憩終了です。

 

もう少し、スマホのバッテリーが長持ちすると、
もっと普及するのかもしれませんね。

 

そんなときに、AtermWM3800Rがあれば、
AtermWM3800Rからスマートフォンへ、
バッテリーチャージが可能なわけですね。

 

また、アプリケーションのAterm WiMAX Toolダウンロードで、
スマートフォンからAtermWM3800Rを操作できます。

 

AtermWM3800Rをバッグなどに入れたまま、スマホから、
電波状況や電池残量の確認ができるようになっています。

 

さらに、Android搭載のスマートフォンでAterm WiMAX Toolを使う場合、
休止状態への移行や休止状態からのリモート起動も、
スマートフォンからの操作で行えます。

 

パソコンとの直接USB接続も可能です。
USB接続だと、内蔵充電池を使うことなくWiMAX通信ができます。

 

そして、パソコン、タブレット、スマートフォン、ゲームなど、
最大10台まで同時接続可能となっています。

コメントを残す