MVNO(仮想移動体通信事業者)とは

読者の花菱あちゃこさんから、以下の質問が届きました。
承諾を得て、記事にしています。


あちゃこさんの質問

ワイマックスを検討中で、いろいろサイトを見ています。
で、その際にMVNOとか、MVNO事業者という言葉がありますが、
これはいったいどんな意味があるんですか?

 

坂本の回答

あちゃこさん こんにちは。
いいですね。あちゃこって ^^

思わず笑っちゃいました。
でも、もし本名でしたら、笑っちゃ失礼ですね ^^

 

MVNOですね。
坂本のサイトでは、ワイマックスをできる限りわかりやすく、
お伝えするのをモットーとしておりますので、

MVNOのような専門用語(でもないかな?)は、
できる限りは省略していますが、お答えしますね。

 

MVNOとは、仮想移動体通信事業者
正式には、Mobile Virtual Network Operatorとなります。

 

仮想移動体通信事業者ですから、
つまり、通信インフラを持っていない事業者となります。

 

では、通信インフラを持っていないのに、
なぜワイマックスが提供できるのかというと、

通信インフラを持っている業者から借りて、
(あるいは再販を受けて)
自社ブランドとして、ワイマックスを提供しているのです。

 

ワイマックスの通信インフラを持っているのは、
UQコミュニケーションズ株式会社となります。

 

日本の国の総務省の管轄となり、
多くても3~4社しかこの認可がおりません。

 

UQコミュニケーションズ株式会社は、
親会社がKDDIとなりますから、

携帯電話のインフラを持っている業者だから、
認可がおりたのかなと、私は考えていますよ。

 

ですから、GMOとくとくBBやBIGLOBE、@niftyなど、
当ブログで紹介しているMVNOは、

UQコミュニケーションズから通信インフラを借りて、
ワイマックスを提供しているのですね。

 

私はよりわかりやすいように、
ワイマックスプロバイダと表現していますが、
正確にはMVNOという表現があっていますね ^^

 

まとめますと、MVNOとは、
通信インフラを持っていない、
つまり、高速モバイルブロードバンドの回線を持っていない、

 

だから、それを持っているUQコミュニケーションズに借りて、
ワイマックスを提供している事業者のことをいいます。

 

あちゃこさん、いかがでしょう、
お分かりいただけましたか?
また何かあれば、いつでもフォームから連絡くださいね。

 

まだまだ暑い日が続きます。
お互い、ビールの飲みすぎに注意かも?ですね。

コメントを残す