Try WiMAX(トライワイマックス)実際に使ってみた感想を口コミで

管理人がTry WiMAXを利用したのは2013年8月

ですのでもう7年ほど前にはなっちゃいますが
レビューしてみますので使ってみたいあなたは参考に

当時はWiMAX 2+ではなく初代WiMAXの方でしたね。
今はWiMAX 2+の端末が無料レンタルできますよ。

Try WiMAX端末到着

トライワイマックス端末到着

届いた梱包をほどいてみると

右上の黒い箱に端末、電源コード
USBコード、バッテリーが入っています。

左側用紙はレンタル機器返却の詳細が書かれています。

右手前はゆうパックの着払い伝票ですね。

利用した後レンタル機器をそのまま箱につめなおして

伝票を貼って郵便局、あるいは
コンビニへ持って行けば送り返してくれます。

費用が一切かからない嬉しいサービスですね!

レンタル道具一式

Try WiMAXクチコミ

実際の端末、電源コード、USBコード、バッテリーです。

管理人に届いたのはURoad-8000でした(右下部)
横にあるのがバッテリーです。

これは初代WiMAXの頃の端末で今はありませんが
現在はWiMAX 2+の最新機種がレンタルできますよ。

Try WiMAXにトライ

まずはURoad-8000の本体を開けて
バッテリーを装着し電源コードに差し込んで充電します。

充電中でもワイマックスは使えますので試してみればいいですよ。

かんたん設定マニュアルがあるので接続設定も簡単です。

スマホ、パソコン側でワイマックスの電波をキャッチするので
認証キーを入力するだけで大丈夫です。

ちなみにURoad-8000の場合は認証キーが数字8桁で

本体内部に記載されているのでバッテリー装着の際に
メモしておくと手間が省けてよいでしょう。

この端末を使って自宅や事務所で接続テストをやってみて
使えること確認した後、私は初代WiMAXを契約しました。

WiMAXを契約

モバイルスリム

これは一番最初に契約した端末モバイルスリム
下り最大40Mbpsの頃でしたね(なつかしいw)

当時は1年契約で使っていました。

その後WiMAX1を解約してWiMAX 2+のHWD15を契約

トライワイマックス無料

HWD15は下り最大110Mbps対応で使えるモードが3つ

・ノーマル(WiMAX)

・ハイスピード(WiMAX 2+)

・ハイスピードプラスエリア(au4GLTE+WiMAX 2+)

この3つが使えることが特長でしたね。

さらに、HWD15を契約期間満了の2年で解約して
2018年頃使っていたのはSpeed Wi-Fi NEXT W03

トライワイマックス感想

ですので都合6年くらいWiMAXを使っている計算になりますか。

何のトラブルなく通信制限に一度もかかることなく
仕事も遊びも十分に賄えたので重宝していますけどね。

そのためにはTry WiMAXを使っての接続テスト
事前の準備がとても大切というわけです。

⇒ Try WiMAX申し込み手順はこちら

Try WiMAX注意事項を補足

繰り返しにはなりますが注意事項を補足すると
トライワイマックスの端末貸出期間は

機器発送日から機器返却到着日までの15日間となります。

トライワイマックスレンタル期間

出荷完了メールに記載されている返却期限日までに

UQコミュニケーションズに
レンタル機器が到着するように返送しましょう。

返却期限日までにレンタル機器の返却がない
あるいは破損、紛失の場合など違約金がかかっちゃう場合もあります。

無事返却が終了しますと以下のようなメールが送られてきます。

トライワイマックスメール

返却手続き完了日も記載されていますから
返却期限内なら問題なく契約が終了しています。

もちろん、費用も一切かかりませんでした。

まとめ

Try WiMAX申し込み

WiMAX 2+を契約する前に大切なこととして
ピンポイントエリア判定と室内での接続テスト

この2点を事前に済ませておくことはホントに重要です。

エリア判定はWEBから無料で簡単にできるので必ず
接続テストにはUQのトライワイマックスを使うとか

友人知人で端末を使っている人がいたら手伝ってもらう
こんな方法でも大丈夫ですから済ませておきましょうね。