あなたの自宅や職場はWiMAX 2+のサービス提供エリアですか?

wimaxエリア判定方法WiMAX2+を契約する前にまず最初の大切な作業として
サービス提供エリアの確認、判定が挙げられます。

あなたの自宅や職場、学校などで
WiMAX2+のサービスが提供されているかどうか?

事前にしっかりピンポイントで判定しておくことが大切です。

WiMAX 2+エリア判定方法

WiMAXエリア確認

ワイマックスはサービスが提供されていない地域では利用できません。
つまり、契約してもインターネットに接続できません

初期契約解除制度は導入されていますが
初期費用等返還されない場合もあるので

できれば申し込み前にエリアの確認は済ませておきましょう。

WiMAX 2+エリア確認方法はいたって簡単、もちろん無料です。

WEBからできますからやってみてください。

UQホームページで確認してみよう

WiMAX 2+ではMVNOとしてGMOとくとくBBとかビッグローブとか
ブロードワイマックスとかカシモワイマックスなどありますが

回線を所有しているのはUQコミュニケーションズになります。

MVNOはUQより回線を借り受けてサービスを提供していますので
ここではUQホームページからのエリア判定方法を書いてみます。

UQコミュニケーションズホームページへアクセスで

⇒ https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

クリックで日本地図が開きます。

ワイマックスエリア日本地図

ピンポイントエリア判定をクリックしてください。

ピンポイントエリア判定

「フリーワードで検索」お宅の自宅、会社、学校など
詳しく番地や号まで入力して判定してみてください。

サービスエリア判定の大切なポイントは
住所を詳しく番地や号まで入力して判定することです。

ピンポイントで調べておくことがとても重要です。

下図のような判定結果○であれば
WiMAX2+のサービスが提供されています。

wimax2エリア○

下図のような判定結果エリア外が出てしまうと
WiMAX2+のサービスはまだ提供されていません。

ですので契約はできませんよ。

wimax2エリア圏外

あと、私の地元でもよくあるケースなのですが
下図のような判定結果がでる場合も多々あります。

いちばん判断がつきにくい状況だといえますね。

ピンポイントエリア判定で△の場合は

wimax2エリア○~△

wimax2エリア△

⇒ ワイマックスエリア判定で△の場合は

○~△とか△などマジ微妙ですよね・・

こんな場合はUQのトライワイマックスなどを活用して
実際に自宅や職場で接続テストをやってみましょう。

○とエリア内の判定結果がでた場合でも

事前にテストをやってみて接続状態や速度が確認できれば
本契約する時に安心できますよね。

ぜひ、契約前に接続テストをやっておきましょう!

Try WiMAXとはUQコミュニケーションズのサービスで

データ端末が15日間無料でレンタルできて
契約前に自宅や職場での接続状況のテストができます。

管理人もWiMAX1を契約する際事前に
Try WiMAXを利用しましたが費用は一切かかりません。

実際に私がやってみたトライワイマックスの申し込み方法など
こちらの記事でまとめてみましたので

参考にしてあなたもトライしてくださいね。
(WiMAX1の頃でちょっと古くはなりましたがw)

レンタルできる端末も最新機種が取り揃えられていますから

WiMAX 2+契約前にまずサービス提供エリアのピンポイント判定
そして自宅や職場での接続テスト

この2点は確実に済ませておきましょう!

⇒ 当サイトのインフォメーションはこちら

コメントを残す