2018年は民泊wifiがブレイク?契約期間の縛りなしがメリットで

民泊wifi2020年の東京オリンピックに向けて民泊事業が注目
海外からのお客さまが増えることを見越して

リクルートがスーモを活用にて民泊事業に参入するなど
民泊を運営している法人・個人も増えているんですよね。

民泊を利用するゲスト貸し出し用のwifi端末を
民泊運営者向けにレンタルしているのが民泊wifiですが・・

 

民泊wifi個人

 

民泊wifiとは、ホストがゲストに貸し出し用のルーターを
ホスト向けにレンタルしているのが元々の業務ですが

民泊以外の利用でも個人・法人を問わずレンタルできます。

 

民泊wifiの最大のメリットは契約期間の縛りがないこと

つまり、wifiが必要な時だけ借りることができますから
手軽で自由度の高いwifiレンタルとして注目されています。

 

契約期間の縛りがありませんから当然解約違約金もなし

そして、月間でのデータ容量の上限もありませんから

(3日10GBの通信制限は対象になりますよ)

数ヶ月~2年未満でwifiが必要になった時に
安く便利に使えるシステムだといえるでしょう。

 

民泊wifiを運営している業者としては
スペースwifi

 

スペースwifi

 

月額3,480円(税込)のレンタル料のみでOK
初期費用・解約手数料・端末代金など0円となります。

一応、最低利用期間は設定されていて1ヶ月
1ヶ月使えばそのあとはいつでも解約OKなんですね。

 

スペースwifiでレンタルできる端末はW04

 

スペースwifi端末W04

 

WiMAX 2+のエリアでネットが使える端末で
東名阪エリアを中心に下り最大440Mbpsの通信速度に対応

 

月間でのデータ容量の上限はありませんが

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

日中は実質無制限でインターネット利用できます。

⇒ スペースwifiの概要はこちらの記事で

 

ファミリアリンク(famifi)

 

ファミリアリンク

 

ファミリアリンクではスタートアップキャンペーンとして

1ヶ月目~2ヶ月目のレンタル料金が2,480円
3ヶ月目以降は3,980円/月となっています。

(スタートアップキャンペーンは台数限定となっています。)

 

その他、契約事務手数料として3,000円

契約期間の縛りはありませんから、解約違約金はかかりませんが
解約時に手数料として5,000円必要になります。

あと、端末の送料として1,000円

 

ファミリアリンクでレンタルできる端末はWX03

 

famifi端末wx03

 

WX03もWiMAX 2+のエリアでネットが使える端末で
東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応

W04と同じく3日10GBの通信制限は対象になります。

⇒ ファミリアリンク(famifi)の概要はこちらの記事で

 

民泊wifi申し込み

 

まだまだ今後業者が増えてくるかもわかりませんが
2018年初頭に話題を集めているのはこのあたりでしょうか。

 

2年~3年間はがっつりWiMAX 2+を使うなら
プロバイダと正式に契約を結んだほうが

月額利用料割引とかキャッシュバックのような特典が
もらえるので安く使えるといえますが

 

数ヶ月~2年未満でwifiが必要になった時には
民泊wifiでのレンタルも選択肢に加えておきたいですね。

繰り返しになりますが、民泊以外の用途、利用でも
法人・個人を問わずに1台からレンタルすることができますので

ニーズがあるあなたはぜひご参考に!

(特に表記のない限り料金は税抜きで表示しています。)

コメントを残す