ネコでもわかるワイマックス!ポケットワイファイ情報にゃ♪

WiMAX3年契約を結ぶメリットとデメリットを比べてみると

WiMAX 2+では3年契約が主流となっています。
3年の長期契約を結ぶ代わりに特典が受け取れる

ただ、本家UQやBIGLOBEのように1年契約もあります。
WiMAXで3年契約を結ぶメリットやデメリットは

WiMAX3年契約

WiMAX3年契約

WiMAXでは3年契約が現在主流となっています。
長期契約を結ぶ代わりに月額料金が割引されたり

キャッシュバックがもらえたり端末が0円になったり
ざまざまな特典が受け取れるわけですね。

3年契約のプロバイダは

カシモWiMAX

3年契約でよく選ばれているプロバイダはカシモWiMAX
GMOとくとくBB WiMAX月割の2社だといえるでしょう。

どちらも月額利用料割引が特典となります。

そしてどの端末を選んでも代金・送料ともに無料になりますよ。

3年契約端末無料

LTEオプション無料

WiMAX 2+ではデフォルトにハイスピードモード
オプションにハイスピードプラスエリアモードが搭載されていて

LTEオプションが利用できるようになっているんですね。

通常月額1,005円かかるオプション料が
WiMAX3年契約を結ぶと3年間無料で使えます。

この点も3年契約を結ぶメリットだといえるでしょう。

ただし注意点としてLTEオプションには月間7GBの通信制限
月7ギガの通信量を超過すると速度が128kbpsに制限されます。

また、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
デフォルトのハイスピードモードでも制限がかかりますから

利用する際には通信量に気をつけておきたいですよ。
あくまでもWiMAX 2+の補助と考えておくとよいでしょう。

なぜLTEオプションが搭載されている

WiMAXオプション

これはWiMAX 2+が圏外の地方に出かけた時など
WiMAX 2+ではネット接続が利用できなくなったとしても

au4GLTEを利用するとネットが使える場合があるからなんですね。

au4GLTEは低い周波数帯域を利用したプラチナバンドですから
エリア的にはWiMAXより広くカバーされているわけです。

ですので、よく地方に旅行や出張に出かけるあなたには便利に
ただし月7ギガを超えると制限がかかりますから注意というわけです。

3年契約を結ぶとこのLTEオプションが3年間無料で利用できます。

3年契約デメリット

デメリットしては契約更新月以外に解約すると
高額な契約解除料がかかることだといえるでしょうね。

1年目・・19,000円

2年目・・14,000円

一般的にこの程度の契約解除料がかかってきますから
この点は契約前に必ず把握しておきたいですよ。

37ヶ月目の契約更新月での解約なら解除料は必要ありません。

3年契約以外のプロバイダは

BIGLOBE WiMAX

3年契約以外なら選択肢はBIGLOBE WiMAXでしょう。

最低利用期間1年で契約更新月以外に解約しても
解除料は1,000円と契約への敷居が低くなっています。

その代わりに・・というか端末は有料になります(19,200円)
(特典にキャッシュバックが用意されていますが)

あと、LTEオプションが無料にはなりません。
利用すると別途月1,005円必要になります。

auスマートバリューmine

ひとつ例外としてあなたがauスマホユーザーで

auスマートバリュー mineが適用されている期間
LTEオプションを無料で使うことができます。

auスマホユーザーにはこの点が優遇されているわけですね。

まとめ

WiMAX3年契約

WiMAXで3年契約を結ぶメリットは

長期契約で料金割引やキャッシュバック、端末0円など
プロバイダごとの特典が受け取れること

LTEオプションが無料で使えること

デメリットしては3年は長期契約であること
契約更新月以外に解約すると契約解除料がかかること

こんな点をよく比較して考えてみるとよいでしょう。

「3年はちょっと長いな」と思うなら
ビッグローブのような1年契約解除料1,000円と

縛りの緩いプロバイダもありますので比較してみるとよいですよ。

2020年はテレワーク、リモートワーク
オンライン授業の普及拡大でWiMAXの契約も伸びています。

あなたに最適なプランを選んでくださいね。