Speed Wi-Fi NEXT WX03(2016年12月販売開始のモバイルルーター)

Speed Wi-Fi NEXT WX03WiMAX 2+のデータ端末に新商品が平成28年12月登場

NECプラットフォームズ製のSpeed Wi-Fi NEXT WX03
WX02の後継機種となりますね。

最大の特長は下り最大440Mbpsに対応
現状、国内最速の接続速度がポイントだといえるでしょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03スペック

 

何だか一見するとファーウェイの端末のように見えますが(笑)
WX03では2.4インチの液晶ディスプレイが採用されましたね。

タッチパネルでスマートフォンの感覚での簡単操作
WX02から改良された点としてまずここがひとつ

 

さらに、WX03の最大のポイントとしては下り最大440Mbps対応
東名阪エリアの一部から最大440Mbpsでネット接続が利用できます。

 

キャリアアグリゲーションと4×4MIMOの組み合わせで

 

wx03のキャリアアグリゲーションとフォーバイフォーマイモ

 

下り最大440Mbpsが実現!というわけです。

また、上りの速度でもキャリアアグリゲーション導入で(国内初)
最大30Mbpsでの接続が可能となっています。

 

利用できるのはWiMAX 2+のみとなります。
WiMAXおよびLTEオプションは利用できません。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03の基本的なスペックは

 

サイズ:高さ98mm×幅62mm×厚さ9.3mm

重さ:約110グラム

連続通信時間:約440分(ハイパフォーマンスモード時)

連続待受時間:約1,100時間(休止状態)

同時接続:最大10台(wifiデザリング時)

 

カラーバリエーションはディープブルーとホワイトゴールド
平成28年12月新発売とUQよりアナウンスされています。

MVNO各社でも取り扱いが始まるでしょう。

(WX03は各社販売終了となっています。)

 

ひとつ注意点として440Mbps対応エリア以外では
下り最大220Mbps~110Mbpsでの利用となります。

東京、大阪、名古屋の都心部から440Mbpsがスタートする予定です。

 

都心部にお住まいで、ネット接続を使いたい範囲が
WiMAX 2+のエリアでカバーされているあなた向きの

Speed Wi-Fi NEXT WX03だといえるでしょう。

 

なお、2018年12月現在は後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT WX05がメインで販売されています。

WX05

WX05はハイスピードプラスエリアモードが搭載されていて
LTEオプションも利用できるモバイルルーターとなっています。

コメントを残す