BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXを比較

biglobewimax-gmobbwimax-hikaku(2014年11月 追記)

現在、BIGLOBE・とくとくBBともに、
端末完売のため、WiMAXの取り扱いは修了となりました。

WiMAX2+のキャンペーンが、両者で開催されています。


 

まず、月額利用料金は、
BIGLOBE WiMAX ⇒ 3,801円
GMOとくとくBB WiMAX ⇒ 3,770円

 

GMOとくとくBB WiMAXは、
GMOとくとくポイントが100ポイント毎月付与されるので、
こちらを月額料金の支払いにあてると、3,670円

GMOとくとくBB WiMAXが月131円お安くなります。

 

特典のキャッシュバック金額は、
BIGLOBE WiMAX ⇒ 17,000円(2013年7月)
GMOとくとくBB WiMAX ⇒ 25,000円(2013年7月)

GMOとくとくBB WiMAXが、8,000円お得にゲットできますね。

 

データ端末は、
BIGLOBE WiMAXが、AtermWM3800R、URoad-Aeroの2種類に対して、
GMOとくとくBB WiMAXは、上記の2種類以外にMobile Slimが選択肢にあります。

こちらも、GMOとくとくBB WiMAXが有利ですね。

 

初期費用として、
BIGLOBE WiMAXは、申し込み手数料が3,150円必要となりますが、
GMOとくとくBB WiMAXは、こちらも0円で必要ありません。

 

あと、個々の特長として、
BIGLOBE WiMAXはファミ得パックとして、
2回線目が月2,480円と、お得に使えるサービスがあります。

 

対して、GMOとくとくBB WiMAXは、

メールアドレス15個まで無料、
350MBのホームページを15個作成可能、
といったサービスがあります。

 

ここまで比較すると、GMOとくとくBB WiMAXが、
お得に利用できる感がありますが、

両者を比較する上で必ず知っておかなければならないのが、
契約期間ですね。

 

BIGLOBE WiMAXは、Flat年間パスポートを採用していますから、
契約期間は1年間です。

 

たいして、GMOとくとくBB WiMAXは、
当初から2年間の契約が条件となっています。

 

BIGLOBE WiMAXの期間内解約違約金は、9,975円
GMOとくとくBB WiMAXの期間内解約違約金は、16,380円

と、ペナルティはGMOとくとくBB WiMAXが厳しいですね。

 

ですから、あなたがワイマックスをどう使いたいのかをよく検討して、
最初から2年間、あるいはメインのインターネット接続として、
ワイマックスを選択したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX

 

将来的にはわからないけど、とりあえずワイマックスを試してみたい、
持ち運び専用の回線がほしい、等なら、
BIGLOBE WiMAXがお手軽でお得だといえますね。

 

ただし、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック特典は、2段階に設定されていて、
17,000円満額ゲットしたいのであれば、20カ月目まで継続利用が必須ですから、
当然2年間の継続利用を前提に、考えておく必要があるわけですが・・

 

2014年11月現在、とくとくBB・BIGLOBEともに、
WiMAXのキャンペーンはすべて修了となりました。

 

現在はWiMAX2+のキャンペーンとなっていますので、
上記料金等の条件と異なりますのでご注意ください。

コメントを残す