ネコでもわかるワイマックス!ポケットワイファイ情報にゃ♪

Speed Wi-Fi NEXT W03(下り最大370Mbpsモバイルルーター)

Speed Wi-Fi NEXT W03はUQコミュニケーションズでも
2016年7月1日より販売スタートとアナウンスされました。

W03の特長やスペックなどまとめてみると

Speed Wi-Fi NEXT W03

Speed Wi-Fi NEXT W03メリット

UQではなくauから新発売ということで
これまでになかったパターンなのですが

ファーウェイのSpeed Wi-Fi NEXT W03となります。

現在販売中のW02の兄弟機種といえばよいでしょうか。

(7月1日よりUQでも取り扱いがスタートします。)

利用できるモード

利用できるのはW02と同じでハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/au4GLTE)

WiMAXは利用できません。

ハイスピードプラスエリアモードは利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

下り最大370Mbps対応

Speed Wi-Fi NEXT W03の最大の特長としては
ハイスピードプラスエリアモード利用時に

下り最大370Mbpsに対応した点だといえるでしょう。

WiMAX2+の2波とLTEの1波を束ねた3波キャリアアグリゲーションを

Speed Wi-Fi NEXT W03は370Mbps対応

同時に利用することで370Mbpsに対応したわけですね。

ただし370Mbpsは東京都の渋谷駅周辺から導入が始まって
東京・大阪・名古屋の都心部より順次スタート

全国的にどの程度のエリアで?というのはまだまだこれから

W03基本スペック

Speed Wi-Fi NEXT W03の基本的なスペックとして

サイズ:幅120mm×高さ60mm×厚さ11.4mm

重さ:約127グラム

連続通信時間:WiMAX2+:約610分/au4GLTE:約430分
(ともにノーマルモード利用時)

連続待受時間:約1,040時間(デフォルト)

同時接続:最大10台

2.4インチのタッチパネルディスプレイを搭載で
タップ操作で設定やモードの切り替えなど簡単にできます。

カラーバリエーションはホワイト・オレンジの2色

また、7月1日から順次発送でUQでも取り扱いが発表されたので
UQのMVNOでも販売がスタートするでしょう。

なお、W03は各社販売終了

2020年夏時点では後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT W06がメインで販売されていますよ。