2014年秋総務省発表のモバイル創生プランについて

モバイル創生プランと格安スマホ2014年秋に総務省よりモバイル創生プランが発表されました。
これを受けて、格安スマホに参入するMVNOも増加しています。

モバイル創生プランとは、モバイルをもっと自由に
もっと身近で速く、便利に使えるための施策となります。

 

モバイル創生プランの基本的な考え方

 

モバイル創生プランのコンセプトとしては

モバイルによる我が国創生と国民負担(通信費)削減を目指す。

 

スマートフォンや携帯電話が
国民生活に必要不可欠なサービスとなった現在

そして今後、モバイルを経済社会活動全体に広く浸透させるため
もっと自由で便利に利用するための施策となります。

 

具体的な対策として、ひとつは

自由に選べるモバイルサービスの推進(SIMロックの解除)

 

SIMフリー格安スマホの普及

 

2015年5月以降に、新たに発売される
スマートフォン・タブレット等については

原則無料でSIMロックを解除するという制度ですね。

 

SIMロックの場合、契約したキャリア、例えば
ソフトバンクなら、ソフトバンクのSIMしか利用できませんが

SIMフリーの端末だと、SIMを差し替えるだけで
自由にモバイルサービスが選択できるわけです。

まさに、格安スマホがこのSIMフリーの端末を販売しています。

 

そして、モバイルの更なる高速化

 

モバイルで下り最大1Gbpsまで

 

スマートフォンでの動画視聴が普及したため
通信量の増加にともない、利用できる周波数がひっ迫している状態。

 

さらなる高速化と、ストレスのない通信環境のために
3.5GHz帯の割り当てを実施して、1GMbpsの超高速回線。

 

上図にもあるように、下り最大1Gbpsが実現すると
100Mbpsの速度だと、約4.8分かかる

2時間の映画DVDが約30秒でダウンロード可能なようですね。

 

以上がモバイル創生プランの概要ですが
要は、生活に必要不可欠になったスマートフォン

携帯電話、タブレットなどが
もっと安く、速く、安全で便利に利用できるための施策といえます。

 

この施策によって、格安スマホに参入する
MVNOもどんどん増加してきているといえるでしょう。

今後ますます、競争も激しくなると思われます。

 

私たちモバイルを利用する側にとっても
安い料金で、高速通信が叶い、ストレスフリーで利用できれば
それに越したことはありません。

 

総務省では、モバイルは日本創出の切り札のひとつ

このように位置づけて、法改正も議論しているようです。
今後の展開に期待したいところですね。

コメントを残す