2015年4月以降の3日3GBの通信制限について(現在は3日10GBに変更)

wimax速度制限2015年4月から、ヤ倍速な220Mbpsがスタートしますが

4月より3日で3GBの通信量を超過した場合
WiMAX2+の速度に制限がかかる場合があります。

では、3GBの通信量の目安ってどの程度?

 

ハイスピードプラスエリアモードでもあるように
通信制限の基準といえば月7GBが一般的ですね。

月7GBを超えると、128kbpsまで速度が制限されます。

 

月7GBの通信量の目安は、こちらの記事にも書きましたが、

 

月7gb

 

およそくれくらいの数字となります。

 

この数字を基準に、3日で3GBの通信量を考えてみると

メールの送受信:186万通/3日

ホームページの閲覧:5,061ページ/3日

動画の視聴:3.3時間/3日

音楽のダウンロード:180曲/3日

アプリのダウンロード:60タイトル/3日

ざっくりですが、このくらいの通信量が目安となりますか。

 

この概算を基準に考えてみると

ネットサーフィン、メールを中心に利用する場合は
3日で3GBはまず心配ないといえるでしょう。

 

3日でおよそ5,000ページのサイトを閲覧すれば

3GB程度の通信量の概算ですが
そこまでみる前に、疲れて寝てしまいますね・・

 

ですが、気をつけておかなければならないのは
あなたが動画をよく視聴される場合といえます。

 

動画の場合、画質にもよるわけですが
高画質でみる場合3日で3時間程度

YouTubeの標準画像の場合、パソコンで6時間程度
スマートフォンで25時間程度の視聴

このくらいを3日で使うと
3GBくらいの通信量を利用するといえますか。

 

ですので、ヘビーに動画を視聴する場合
あと、最近ではオンラインゲームでしょうかね。

そのような場合は、3日で3GBの通信量は押さえておきたいですね。

 

ただし、制限はかかっても7GB超過の128kbpsほど厳しくはなく

YouTubeの標準画像なら視聴できる程度
少なくとも程度の速度は得られるようです。

基地局の混在状況に応じても変わってくるようです。

 

ネットサーフィンやメールを利用する分には心配ないと思いますが

動画、ゲームにWiMAX2+を利用する場合は
ちょっと気をつけておきたいポイントだといえるでしょう。

 

なお、2018年現在は3日3GBの通信制限から
3日10GBのデータ容量まで緩和されていて

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

制限がかかる時間帯も混みあう夜間のみに変更されて
日中は実質無制限でネット接続が使えるようになりますよ。

⇒ WiMAX 2+の通信制限はこちらの記事でも

コメントを残す