Speed Wi-Fi NEXT WX01(2015年3月上旬発売WiMAX 2+ルーター)

WX01下り最大220Mbps対応の新端末
Speed Wi-Fi NEXT W01はこちらでまとめてみましたが

もうひとつ、新しい端末として
Speed Wi-Fi NEXT WX01も2015年3月販売開始に!

(WX01は各社販売終了となりました。)

 

wx01スペック

 

メーカーはNECプラットフォームズ
NAD11の後継機種といえますね。

日本製、メイドインジャパンの端末となります。

カラーバリエーションは
パールホワイトとディープブルーの2色

発売予定は2015年3月の上旬と発表されています。

 

wx01モード

 

利用できるモードも、NAD11から踏襲されて

ノーリミットモードとハイスピードモード
WiMAXとWiMAX2+が利用できるようになっています。

au4GLTEは利用できませんのでご注意ください。

 

wx01ハイスピードモード

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01の基本的なスペックは

サイズ:約109mm×66mm×9mm
重量:約97g

連続待受時間:約600時間
同時接続:10台

 

そして、連続通信時間ですが、WX01では
Wi-Fi接続とBluetooth接続が可能になっていて

Wi-Fi接続の場合

 

WiMAX2+(220M利用時):約6.5時間
WiMAX2+(110M利用時):約8.5時間

WiMAX利用時:約11時間

 

Bluetooth接続の場合

WiMAX2+(220M利用時):約8時間
WiMAX2+(110M利用時):約10.2時間

WiMAX利用時:約13時間

上記のように公表されていますね。

 

wx01連続通信時間

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01のポイントとして

世界初の技術となる
4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)を駆使して

下り最大220Mbpsが利用できる点が挙げられます。

 

4×4MIMOとは、基地局と端末それぞれに4本のアンテナを搭載して
WiMAX2+のエリアで、ネット接続を利用する場合に

複数のデータを同時に送受信する技術となります。

MIMOの正式名称は
Multiple Input Multiple Outputとなりますよ。

 

また、無線LAN 5GHz帯に対応していますので

室内外を問わず、安定したネット接続が見込める
端末だといえるでしょう。

 

発売は3月上旬くらいの予定となっています。

(3月中旬より発送がスタートしています。)

 

今回、下り最大220Mbps対応の新端末として
発売されるのがWX01とW01の2機種となるわけですね。

 

ネーミングがよく似ていますので、
私も記事を書いていてよく間違えますが、

Xがあるかないかの違い・・と覚えてくださいね(笑)

(WX01およびW01ともに販売終了となっています。)

コメントを残す