2015年春をめどにWiMAX 2+通信速度が下り最大220Mbps対応へ!

wimax2速度2014年10月27日に、UQコミュニケーションズより、
WiMAX2+におけるキャリアアグリゲーションの導入が発表されました。

これによって、2015年の春頃を目安に
WiMAX2+の速度が下り最大220Mbpsとさらに高速になります。

 

キャリアアグリゲーションとは
複数の電波を同時に使用してデータ通信を可能とする技術です。

現在、WiMAXで使用されている周波数帯域30MHzのうち
20MHzをWiMAX2+に切り替えるとともに

 

wimaxキャリアアグリゲーション

 

現在WiMAX2+で使用されている20MHzと合わせて
キャリアアグリゲーションを導入することにより

下り最大220Mbpsの速度が可能になるわけですね。

 

wimax2通信速度

 

現状のWiMAX2+の速度は理論値で下り最大110Mbps
それが、下り最大220Mbpsと理論上では倍になります。

あくまで理論上の数字ですので、ひとつの目安ですが、
WiMAX2+が今より快適に利用できることは間違いないでしょう。

 

ただし、この施策に伴ってWiMAXの速度が

現状の下り最大40Mbpsから、下り最大13.3Mbpsまで
来春より順次エリアが変更されることとなります。

 

つまり、WiMAX2+の周波数帯域が40MHzに増やされて

WiMAXの周波数帯域が10MHzに減らされることになりますので
下り最大13.3Mbpsにエリア変更・・となるわけです。

 

このため、UQコミュニケーションズでは、現在のWiMAXユーザーに
2014年11月1日より、WiMAX2+史上最大のタダ変え大作戦と称して

WiMAX2+のルーターに、無料で交換できるサービスを開始するようです。

 

ただし、これは現在のUQコミュニケーションズの発表で
MVNO各社も同様の対策をとるようですが

各社によって内容が異なる場合もありますので

例えば、現在とくとくBBのWiMAXを利用中のユーザーさんは
とくとくBBの対策に沿って、手続を進めるようになりますね。

 

それと、現在販売中のWiMAX2+のルーター

HWD15・NAD11ともに下り最大220Mbpsには対応していませんので
こちらも検討材料にはなると思います。

(HWD15・NAD11ともに販売終了となっています。)

 

なお、2018年夏には東名阪エリアの一部から
下り最大440Mbpsの高速通信に対応

ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大708Mbps

 

下り最大440Mbps端末W05

(Speed Wi-Fi NEXT W05)

 

キャリアアグリゲーションと4×4MIMOを組み合わせて
より高速通信が可能なモバイル回線へと進化していますよ。

今後のスピードアップにも期待しておきましょう。

コメントを残す