Broad WiMAX サービス提供エリア確認方法は?

ブロードワイマックスでは、WiMAX1の端末が販売修了となりました。

当ブログからもたくさんお申し込みをいただきました。
まことにありがとうございました。

なお、現在はWiMAX 2+のキャンペーンが開催されています。
概要をこちらの記事にまとめてみましたので参照ください。

サービスエリアの確認方法も基本的に同じですよ。

 

Broad WiMAXのサービス提供エリア確認方法です。

ワイマックスの申し込み前に、サービス提供エリアの確認は
必ず必要ですから、MVNO各社とも記事に書いているんですが。

 

エリアの確認せずうっかり申し込んだ後で
インターネットに接続できない、つながりが不安定など

あなたの都合でのキャンセル、返品は基本的にできません。

(初期契約解除制度はありますけどね。)

 

解約の場合、違約金の対象となる恐れがありますから
サービス提供エリアの確認をきちんとしてから

ワイマックスに申し込むことを忘れないでくださいね!

 

では、確認方法です。

 

まず、Broad WiMAX公式サイトへアクセスしてください。

(Broad WiMAXでは、WiMAXの端末が販売修了となりました)

 

ブロードワイマックスエリア

 

上部メニューのエリア確認をクリック

 

少し下へスクロールすると、

 

ブロードワイマックスエリアピンポイント

 

WiMAX(赤囲)を選択してピンポイントエリア判定をクリック

住所を入力する欄に、あなたの自宅や職場、学校など
住所を番地や号まで詳しく入力して判定してください。

 

重要なことですので繰り返しておきますね。

サービス提供エリア確認のポイントは
あなたがワイマックスを利用すると考えられる場所

自宅、会社、学校、友人宅、親戚宅、など
住所を詳しく番地や号まで入力して検索することがポイントです。

 

あなたがワイマックスを快適に利用するための第一歩です。

Broadだけに限りませんので
しっかり確認を済ませてからワイマックスに申し込みましょう。

 

以下のような判定結果であれば、
Broad WiMAXのサービス提供エリアとなります。

 

ブロードワイマックスエリア○

 

以下のような判定結果ですと
Broad WiMAXのサービスは提供されていません。

従って契約はできませんね。

 

ブロードワイマックスエリア外

 

また、○~△とか△と
微妙な判定結果がでることも多々あります。

ちょっと判断が難しいですからそんな場合は
UQのトライワイマックスを使ってみるとか

トライワイマックスはこちらの記事で

 

身近にWiMAXの契約者がいれば手伝ってもらう
端末を貸してもらう方法でも大丈夫です。

 

エリアピンポイント判定で○だった場合でも

事前に接続テストを済ませておくと
安心してBroad WiMAXが契約できますから

まずエリア判定、次に端末を使っての接続テスト
この2点はWiMAXを契約するうえでとても重要なポイントですから

覚えておいてくださいね!

コメントを残す