ワイマックスの通信速度はどのくらいの速さで利用できる?

wimax通信速度こちらの記事にも書きましたが、ワイマックスは
モバイル回線を利用したインターネット接続でしたね。

では、WiMAXの通信速度ってどのくらい?
どの程度のスピードでインターネットが利用できるの?

 

ワイマックスの速度は

 

WiMAXのサービスがはじまった当初

下り最大40Mbp/上り最大15.4Mbps
こちらが通信速度の目安とされてきました。

 

ただし、ベストエフォートのサービスですから
利用する場所や時間帯などによって速度は変わってきます。

また、エリア外の地域ではネット接続ができなくなります。

 

これは、携帯電話を思い出してもらえればわかりますが
電波の入りやすい場所、入りにくい場所ってありますよね。

WiMAXにも同様のことが言えます。

 

一般的に、快適にインターネットを利用するためには、
メール、ネットサーフィンなら下り3Mbp程度

YouTubeなどでの動画閲覧なら下り8Mbp程度
このくらいの速度があれば十分だといわれています。

 

ワイマックスは、下り最大40Mbpですから、
まずまず快適にインターネットが利用できます。

さらに進化したWiMAX 2+では下り最大440Mbpsの
高速通信が利用できるようになったので

より速いモバイル回線へと進化しているんです。

 

ただし、サービス提供エリア内でも
利用する場所、環境、時間帯、パソコンやスマホの性能、などで

若干の違いはありますよってことです。

 

WiMAX 2+の登場で、2015年の春に
キャリアアグリゲーションが導入され

WiMAXの速度が下り最大13.3Mbpsへと減速されました。

 

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波を束ねて
WiMAX 2+がより高速に、そのかわりにWiMAXが減速

つまり、WiMAXで利用していた帯域を縮小して
WiMAX 2+で利用する帯域を拡張したということです。

 

2018年現在では、WiMAXが利用できる端末の販売も
UQおよびほとんどすべてのプロバイダで終了となり

より速いWiMAX 2+がメインで利用されているんですね。

コメントを残す