端末HWD15ハイスピードプラスエリアモードau4GLTE利用方法

HWD15ハイスピードプラスエリアモードHWD15はWiMAX/WiMAX2+/au4GLTEと
3つの選べるモードが搭載されていることがポイントです。

ハイスピードプラスエリアモードのオプション
au4GLTEを実際に使ってみたので操作方法などまとめてみると

(HWD15は各社販売終了となっています。)

 

hwd15口コミ

 

こちらがトップの操作画面です。

タッチパネルディスプレイですから
スマホ感覚でタップで操作も簡単です。

左上の、通信モード設定をタップしてみます。

 

hwd15タッチパネル

 

ハイスピード(モード)が選択されている状態です。
初期設定はハイスピードモードとなっています。

WiMAX/WiMAX2+の電波状況をキャッチして
自動で切り替わるわけですね。

 

通常、WiMAX/WiMAX2+のみを利用する場合
この設定のままでよいのですが

au4GLTEを利用する場合は、
ハイスピードプラスエリア(モード)をタップします。

 

hwd15ハイスピードプラスエリアモード

 

このような注意画面が表示されます。
au4GLTEは利用した月に限り、別途1,005円(税抜)必要となります。

この料金は通信量の多寡に関わらずかかってきます。
日割り計算にもなりません。

 

また、月に7GBの通信を超えると、
月末まで速度が128kbpsに制限されます。

この2点を踏まえた上で、利用することが大切ですね。

Okをタップしてみました。

 

hwd15通信制限

 

こちらが、au4GLTEでネット接続している状態の画面です。

上部左側にLTE、中央にHS-Aと表示されていますね。
HS-Aはハイスピードプラスエリアモードの表示となります。

 

ハイスピードモードはHS
ノーリミットモードはNL

このように、選択しているモードが表示されるわけですね。

0GB/7GBと、利用した通信量の目安として、
画面下側に表示されるのでこれは便利です。

 

参考までに、USENのホームページから
速度の目安を測定してみました。

 

hwd15速度

 

うちの事務所の場合は、パソコンでの目安で
およそ下り8Mbps~9Mbpsでau4GLTEが利用できるようですね。

この記事もau4GLTEを利用して書いてみました(笑)

 

以上が、HWD15でau4GLTEを利用する場合の方法と
注意事項を2点挙げてみました。

タップ操作で簡単に切り替えて使うことができます。

 

HWD15は、このLTEオプションも利用できることから、
日本全国の広いエリアで、ネット接続が可能だといえますね。

出張の多いサラリーマンの方や、旅行好きの方などに、
便利なルーターだといえるでしょうね。

(HWD15は各社販売終了となっています。)

コメントを残す