Try WiMAXの無料レンタルにNAD11そしてHWD15も追加!

(2014年10月30日 追記)

Try WiMAXで無料レンタルできる端末に、
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15も追加されました。

現在、レンタル可能な端末は、

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11クレードルセット

以上となっています。

 


wimax-wimax2-2Try WiMAX2+とは、回線を所有・拡充している、
UQコミュニケーションズ株式会社のサービスとなります。

WiMAX2+の契約前に、自宅や職場・学校などで、
接続状況のテストが無料でできるサービスとなっています。

 

trywimax2-2014-9-2

 

こちらは、当ブログの右サイドバーの人気記事ランキング、
訪問者の方に読んでいただいている記事のランキングです。

 

現在、1番たくさん読んでいただいている記事は、
Try WiMAX(WiMAX2+)の申し込み方法となっています。

 

それだけ、WiMAX2+を検討されている、
ユーザーさんが増えているということですね。

 

記事を参考にしていただいて、
ぜひ、契約前に室内での接続テストやってみてくださいね。

 

⇒ Try WiMAX(WiMAX2+)の申し込み方法はこちらの記事で

 

しかし、Try WiMAX2+に申し込む前に、
まずサービス提供エリアの判定が必須になります。

 

サービスが提供されていないエリアでは、
Tryしても、これはインターネットに接続できません・・
ですから、まずエリアの確認からやってみてください。

 

⇒ WiMAX2+サービス提供エリアの判定方法はこちらの記事で

 

当初、Try WiMAX2+でレンタル可能なルーターは、
HWD14のみでしたが、このたびNAD11も追加されています。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11

 

しかも、クレードルセットでレンタル可能のようですから、
ホームルーターのような感覚で、
自宅でWiMAX2+がしっかり使えるかどうか?テストできますね。

 

また、WiMAXハイパワーも搭載されているルーターですから、
WiMAXの電波の掴み具合もテストできます。

 

さらに、2014年10月下旬には、
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15もレンタル可能となりました。

 

hwd15-2-150

 

ただし、現在追加となったばかりのタイミングで、
申し込みが多いと思いますので、
在庫状況は、UQ公式ホームページよりご確認ください。

 

WiMAXおよびWiMAX2+は、現在クーリングオフ対象外です。
つまり、いったん契約してしまったら、
返品やキャンセルはできないシステムとなっています。

 

違約金の対象になってしまうわけですね。
ですから、契約前のエリア判定と接続テスト
この2つがとても大切になってきます。

 

あなたが、契約後WiMAX2+を快適に利用されるために、
Try WiMAX2+などを活用した事前テストを、
しっかりやっておくことが、とても大切ですね!

コメントを残す