7GBの通信量の目安ってどの程度?

wimax2-4W01・HWD15のハイスピードプラスエリアモードでは
WiMAX2+とau4GLTEの合算した通信量が月に7GBを超えると

当月末まで速度が128kbpsに制限されてしまいます。
では、7GBの通信量の目安ってどの程度?

 

一般的に、7GBの通信量の目安は

 

☆ ホームページの閲覧:約50600ページ(1687ページ/1日)
☆ メールの送受信:約1870万通(62万通/1日)
☆ 動画の視聴:約33時間(1.1時間/1日)
☆ 音楽のダウンロード:約1790曲(60曲/1日)

 

7gb通信量の目安

 

およそ、この程度だといわれています。

 

あくまで目安なのですが、注意しておきたい点として
動画を1日1時間程度閲覧すると1ヶ月間で約7GB

ですから、それよりもっと動画をみられるユーザーさんは
7GBの帯域制限には、気をつけておかなければなりません。

あと、最近ではよくゲームを利用される方でしょうかね。

 

月末まで速度が128kbpsに制限されてしまいますので
私の感覚で言えば、128kbpsでは
インターネットに接続不可能といっても過言ではないように思います。

 

ハイスピードモードのWiMAX2+のみを利用した場合
契約から最大25ヶ月間は、月にいくら通信を利用しても
帯域制限がかからないようになっていますが(ギガ放題のみ)

 

HWD15・W01のハイスピードプラスエリアモードでは
契約当初から、この帯域制限が設定されていますので
ここはご注意くださいね。

 

また、パソコン、スマートフォン、タブレットなど
複数台同時接続も可能なのですが
複数使うと、それだけ制限のリスクもありますのでここもポイントです。

 

まぁ、帯域制限がかかっても
ノーリミットモードのWiMAXでは一切制限がありませんので
WiMAXを利用すれば通信自体は可能ですけどね。

(W01ではWiMAXが利用できません。)

 

端末NAD11とWX01の場合は、
ハイスピードプラスエリアモードがないので
契約から最大25ヶ月間は、帯域制限の心配がありませんね(ギガ放題の場合)

 

ですから、HWD15・W01でWiMAX2+を検討中のあなたは
au4GLTEを利用される際に
7GBの通信量の目安を、踏まえておかれるとよいですね。

コメントを残す