WiMAX2+エリアピンポイント判定のやり方と契約前の3つのポイント!

wimax2エリアWiMAX 2+契約前に必ず知っておきたいポイントが3点

1.サービス提供エリアの確認
2.室内での接続テスト
3.通信制限について

上記3点を必ず確認しておきましょう

 

WiMAX 2+エリア確認方法

 

サービス提供エリアの確認と、室内での接続テストは
WiMAX2+を契約する前のとても大切なポイントです。

WiMAX2+は基本クーリングオフの対象外です。

(初期契約解除制度は導入されてきましたが)

いったん契約すると、後からのキャンセルや返品
違約金の対象となっちゃう可能性がありますよ。

ですから、契約前の事前調査が大切なわけです。

⇒ WiMAX 2+エリア判定のやり方はこちら

エリア判定が終われば室内での接続テストも済ませておきたいです。

特に〇~△や△だった場合はテストをしてみましょう。

そして、WiMAXには通信制限がありませんでしたが
WiMAX2+には通信速度に制限がかかる場合があります。

この点も、契約前にしっかり知っておきたいポイントです。
ちょっと勘違いしてしまいそうな部分があるわけですね。

ギガ放題の契約で、ハイスピードモードのWiMAX2+を利用した分には
月間データ容量の上限はありませんが

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

この3日10GBの通信制限は、契約先や端末を問わず
WiMAX 2+全般に共通の通信制限となっています。

もう1点、ハイスピードプラスエリアモードの

WiMAX2+とau4GLTEの合算した通信量が月に7GBを超えると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます。

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードのWiMAX2+にも速度制限がかかります。

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで帯域制限がかかると

ハイスピードモードに切り替えて、WiMAX2+を利用しても
速度が制限がかけられているわけですね。

WiMAX 2+で3年契約を結ぶとオプションの
au4GLTEが無料で使えることはメリットですが

au4GLTEには月7ギガの通信制限がありますから
利用する際には必ず把握しておいてください。

あくまでもハイスピードモードの補助と考えておいた方がよいでしょう。

以上、WiMAX 2+を契約する前にやっておきたいこと
まずエリア判定、そして接続テスト

あと、通信制限も把握しておいてくださいね!

コメントを残す