新居・転居先にWiMAXを導入する際のポイント

こちらの記事にも書きましたが、
2月及び3月はWiMAXの契約が最も増える時期となります。

 

これはWiMAXに限らず、光回線やADSLなども同じで、
インターネット接続回線の契約が最盛期となります。

 

そうですね、新大学生や新社会人、あるいは転勤など、
年中を通じて最も移動の多い季節となるからですね。
引越しやさんのテレビCMも、今が一番多い時期です。

 

そこで新居や転居先でWiMAXを導入する際ポイントですが、

まず、新居の住所が決まったら番地や号まで正確に調べて、
サービス提供エリアの確認をしてみます。

ピンポイントエリア判定ですね。

 

あなたの新居や転居先で、WiMAXが利用可能かどうか?まず調べます。

 

そして、できるならばTry WiMAXを利用して、
実際に新居の室内で、インターネットに接続可能か試してみることがおすすめ!

 

パソコンで接続を試してみるのがいいでしょう。

 

WiMAXは、サービス提供エリア内で、インターネット接続はできても、
新居の構造や、周囲の環境、障害物などの影響により、

十分な速度が得られないケースもありますから、
ここを最初にしっかり試してみることがポイントですね。

 

身近にWiMAXを契約されている方がいらっしゃれば、
データ端末を借りる、あるいは同行してもらうという方法でもいいです。

 

WiMAXの契約は1年あるいは2年と長期になります。
契約後の解約には、いかなる理由があろうと、
契約解除料が必要になるケースがMVNO各社ほとんどです。

 

ですから新居や転居先でしっかり下調べを済ませて、
確実にWiMAXが利用できることをまず確認してくださいね。

 

そして確認できれば、2月3月は混み合いますから、
早めの契約で、移動とともに新居や転居先で、
インターネットが使えるようにできればベストです。

 

光回線を契約する場合も同様です。
2月3月は早めの申し込みをしておかないと、
希望する工事日が取れない恐れがあります。

 

私の経験上、インターネット回線の手配が遅れて、
新生活のスタートに間に合わないケースもありましたから、
いずれの場合もこの時期は、早い手配が得策だといえるでしょう。

コメントを残す