新居や転居先でWiMAXを導入する際のポイントや注意点は

引っ越しWiMAX春や秋は新入学や就職、転勤に単身赴任など
異動のシーズンということで引っ越し屋さんも大忙し

引っ越しが終わるまでは何かと慌ただしいものですが
段取りよく終わらせてはやく新生活に慣れたいですよね。

インターネット回線の手配も忘れないようお早めに
新居や転居先でWiMAX 2+を導入するときのポイントは?

 

転居先ネットWiMAX 2+

 

特に、新大学生をお持ちの親御さんは大変です。
入学金や授業料、そして新居の敷金に家賃、引越しの費用

家電もそろえなくちゃいけないし、家具や日常品の購入など
ホント、これからしばらくはバタバタ落ち着かないですね。

 

また、異動が決まったサラリーマンや公務員の方も大忙し
荷造りや引っ越し屋さん選び、電気・ガス・水道の手配

あいさつ回りもやっとかないといけないしね(笑)

管理人も2度ほど引っ越しの経験がありますがくたびれます・・w

 

そして、忘れないようにやっておきたいのがネット回線の手続き

今では自宅でのネット接続が当たり前の時代ですから
新生活に間に合うように手配しておきたいものです。

 

自宅でのネット環境といえば思い浮かぶのが光回線ですが
工事が必要だったり、単身の世帯では光まで必要なかったり

家でも外でもネットを使いたいというニーズも増えていて
WiMAX 2+を選択する方も増えているんですね。

 

工事不要で、端末ひとつあれば自宅でも外出先でも

パソコンでもスマートフォンでもネットが使えますから
ここがモバイル回線のメリットだといえるでしょう。

面倒な手間暇がかからないんですね。

 

ギガ放題の契約をすると、月間でのデータ容量の上限なし

ただし、直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制御される通信制限はありますが

日中なら実質無制限でネットが使えるようになります。

 

ですので、自宅使いにWiMAX 2+を検討してみても
今では十分に使える回線となってきているわけですね。

 

新居や転居先でWiMAX 2+を導入する際に気をつけておきたい
そして必ず済ませておきたいこととしては

 

WiMAX契約前の注意点

 

まず、サービス提供エリアの確認となります。

つまり、異動先でWiMAX 2+の電波が届いているかどうか?
この点を確認しておくことがスタートです。

エリア外だと当然ですがネットに接続することができません。

 

サービスエリアの判定はWEB上で簡単にできますから
WiMAX 2+契約前に必ずやっておいてください。

⇒ サービス提供エリアの判定方法はこちらの記事へ

 

サービス提供エリアのピンポイント判定が終われば
次にやっておきたいのは接続テストなんです。

異動先まで出向く必要がありますが
室内での接続テストも必ずやっておきたいですよ。

 

というのは、WiMAX 2+は高い周波数帯域の
電波を利用しますから、直線的な速度は出やすいのですが

回り込みに劣る、障害物に弱いという弱点もあります。

 

自宅の壁とか周辺の建物などが障害となって
室内での接続が不安定になったり、速度が出なかったり

こんなケースもありますから事前のテストが大切なわけです。

 

サービスエリアの判定で○だった場合でも
管理人は接続テストをやっておくことを推奨しますよ。

テストをやるとなると端末が必要になってきますが

 

トライワイマックス端末無料

 

UQコミュニケーションズのトライワイマックス

15日間端末を無料でレンタルすることができますから
繁忙期は混みあいますが上手に活用したいところです。

⇒ Try WiMAXの申し込み方法はこちらの記事へ

 

あるいは、あなたの身近なに端末をお持ちの方がいらしたら
貸してもらう、手伝ってもらう方法でもOKです。

とにかく、電波の状況は端末しかつかめませんから
特に室内での接続テストはやっておきましょう。

 

まとめると、転居先や新居のネット回線にWiMAXを導入するなら

まず、サービスが提供されているかどうかのエリア確認
次に、実際に端末を使っての室内での接続テスト

この2点がクリアしていれば、安心して契約できますので
あなたにあったプロバイダ探しをはじめてみましょう!

人気のプロバイダはこちらの記事でどうぞ^^

コメントを残す