私がTry WiMAXを推奨する理由

2013年4月4日公表の、国民生活センターのホームページで、
以下のような記事が記載されています。

モバイルデータ通信の相談が増加-
「よく分からないけどお得だから」はトラブルのもと!-

(クリックで国民生活センターのホームページへ)

 

訪問販売や、電話での勧誘に安易に契約はしない、
プレゼントがあるからとの理由で安易に契約しない、
こんな内容が主に記載されていますが、

 

もうひとつ注意する点として、
モバイルデータ通信を契約したものの、
インターネットに接続できない、または接続が不安定、

 

それで契約後すぐ解約を申し出たものの、
契約解除料とか違約金を請求されたというケースですね。

 

これはワイマックスにも同様にいえることで、
MVNO各社によって様々なキャンペーンが開催されていますが、
いずれも最低利用期間が設定されています。

 

いわゆる、1年縛りとか2年縛りがそうですね。
1年あるいは2年継続してワイマックスを利用する契約を交わす特典として、
キャッシュバックやタブレットプレゼントがあるわけです。

 

ですから、ワイマックスを契約したものの、
実際に自宅で接続してみるとインターネットにつながらない、

こんな理由で解約を申し出たとしても、
最低利用期間を経過していないため違約金が発生します。

このトラブルも結構あるんですね。

 

ですから、ワイマックスの契約を検討する以前に、
まず、サービス提供エリアの判定、そして、
Try WiMAXの活用が非常に大切になってくるわけです。

そして、WiMAX2+も同様となりますね。

 

私自身実際にワイマックスを利用していますが、
電波が届くエリアなら、こんなに快適なモバイル通信はないと思っています。

 

自宅ではパソコン3台とプリンタ1台、そしてスマートフォン、
計5台同時接続していますがまったく問題なく使えています。
また、速度も光回線と遜色なく利用できています。

 

ただ、すべてのエリア内で条件が同じではありませんから、
例えばサービスエリア内でも、建物の環境や周りの障害物の影響で、
同一条件で、ワイマックスは利用できるとは限らないわけですね。

 

ですから、契約後更改しないために、
UQコミュニケーションズのTry WiMAXの活用を推奨しています。

 

MVNO各社もユーザー獲得の競争をやっていますから、
いろいろなキャンペーン特典や月額料金を設定しています。
また、当サイトでもその情報を紹介しています。

 

でもその前に、まず大切なことは、
あなたがワイマックスの契約後、快適に利用するために、

サービスエリアの判定⇒ 詳しくはこちらの記事へ
Try WiMAXの活用⇒ 詳しくはこちらの記事へ

私は推奨しています。

 

ワイマックスは快適な環境で利用できれば、
ホントに便利でお手軽で、重宝するモバイル回線です。
おまけにいくら使っても、速度制限がかかりません。

 

あなたがワイマックスを快適に利用するために、
私はTry WiMAXの活用を、今後も推奨し続けるでしょう。

コメントを残す