@nifty WiMAX2+の最低利用期間と解除手数料について

wimax-wimax2-7-1@nifty WiMAX2+の最低利用期間についてまとめてみます。

最低利用期間内、および契約更新月以外での解約には
解除手数料が必要となりますので、
あなたの契約更新月を把握しておくことが大切ですね。

 

WiMAX 2+ Flat 2年/WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割の契約で、
あなたがデータ端末とタブレット特典を選択した場合、

 

niftywimax2plus-kikan-2013-12-1

 

あなたの@nifty WiMAX2+登録月が2014年5月だとします。

登録月及び2014年6月~2015年5月の間で解約(1年目)をすると25,200円
2015年6月~2016年5月の間で解約(2年目)をすると19,950円

解除手数料としてそれぞれ必要になります。

 

2016年6月は契約更新月(25ヶ月目)なので、
ここでの解約は、解除手数料の必要がありません。

 

ここであなたが解約の意志を示さなければ、
継続して2年間の契約自動更新となります。

 

2016年7月~2018年の5月の間で、
解約(3~4年目)をすると9,975円必要になります。

 

2018年6月は契約更新月(49ケ月目)なので、
ここでの解約なら解除手数料は必要なく解約ができます。

 

ここでもあなたが解約の意思を示さなければ、
さらに2年間の、契約自動更新となるわけですね。

 

以降、契約期間中の解約では9,975円必要となり、
契約更新月での解約は、解除手数料不要で解約できるシステムです。

 

また、あなたがデータ端末とキャッシュバック特典を選択した場合は、

登録月及び2014年6月~2015年5月の間で解約(1年目)をすると19,950円
2015年6月~2016年5月の間で解約(2年目)をすると14,700円

それ以降の契約期間中の解約(3年目以降)9,975円必要となります。

 

niftywimax2plus-kikan-2013-12-2

 

以上が、@nifty WiMAX2+の最低利用期間
および、解除手数料の概要となります。

なお、上記は消費税5%での表記となっています。

 

消費税8%以降、若干解除手数料の金額が変わっていますが、
いずれにしても、WiMAX2+の解除手数料は高額ですので、
2年間の継続利用を前提とした、契約が必須だといえるでしょう。

コメントを残す